​助成金情報

今、申請できる市民活動関連の助成金などの一覧です。
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。申請の仕方、申請書の書き方などのアドバイスもいたします。

説明.png

(2021年11月更新)

【助成金】
JT SDGs貢献プロジェクト
~包摂的かつ持続可能な地域社会の発展に向けて~

■主催 公益社団法人日本フィランソロピー協会

 1. 受付期間
  年2回、以下の期間に受付します。
  ● 6月1~30日
  ●12月1~31日

 2.趣旨
  JT は責任ある地域コミュニティの一員として、自然・社会・人間の多様性に価値を認め、自らが事業を 行っている地域社会におけ

  る重要な課題に対し、幅広いステークホルダーとともに包摂的かつ持続可能 な地域社会の発展のため、さまざまなコミュニティイ

  ンベストメントに取り組んでいきたいと考えております。 「SDGs 貢献プロジェクト」では、JT がコミュニティインベストメント

  の重点領域として位置付けている、「格差是正」、「災害分野」、「環境保全」に取り組む様々な団体の事業を助成により支援し

  ます。

 3.助成対象となる事業
  「格差是正」、「災害分野」、「環境保全」のいずれかの分野で、日本国内で実施する包摂的かつ持続可能な地域社会の発展に貢献

  する事業を対象とします。
   ●「格差是正」:人と人もしくは地域間で生じる水準の差異の是正につながる事業 
   ●「災害分野」:災害発生地域における支援及び将来の災害に備えた減災・防災につながる事業
   ●「環境保全」:様々な天然資源の維持につながる事業

 4. 助成期間
   ●6月募集:同年10月から翌年9月の1 年間 
   ●12月募集:翌年 4 月から翌々年3月の1年間 
   ※助成により実施した事業の実績を総合的に勘案し、継続助成を行う場合がありますが、同一事業に対する助成は最長3年間とし

    ます。

 5. 問い合わせ先等
   SDGs 貢献プロジェクト外部事務局(公益社団法人日本フィランソロピー協会内)
   プロジェクトウェブサイトのお問合せフォーム
    https://business.form-mailer.jp/fms/374e6719136894
   募集要項
    https://www.philanthropy.or.jp/jt/
 

【補助金】
​2021年度愛知県子ども食堂推進事業費 ~こどもが輝く未来基金~
​                   新規開設者 第2回・第3回募集

■主催 愛知県福祉局福祉部地域福祉課  子ども未来応援グループ

1.応募受付期間 

 新規開設者 第2回募集 2021年12月1日(水)~ 12月14日(火) 必着

       第3回募集 2022年3月1日(火)~ 3月14日(月)必着


 申込先着順(予算に限りがあるため、受付期間終了前に締め切ることがあります。その場合は、県地域福祉課Webページでお知らせ

    します。)

​2.趣旨

 愛知県では、全ての子どもが輝く未来の実現に向けて、県民の皆様と力を合わせて子どもの貧困対策を充実・強化するため、2019年3月に「子どもが輝く未来基金」を創設し、この基金を活用した「愛知県子ども食堂推進事業費補助金」により、子ども食堂の開設や子ども食堂における学習支援、子ども食堂での感染症対策への補助を行っています。

3.助成内容

 (1)子ども食堂の支援(子ども食堂開設費)
  ア 対象:新たに子ども食堂を開設される方
  イ 内容:子ども食堂を開設するために必要となる、会場とする住宅等の改修費用や備品等の購入費用を補助します。
  ウ 補助額:1か所当たり10万円以内(1回に限る)

 (2)子どもの学習支援(学習推進事業費)

    ア   対 象:子ども食堂を運営されている方、新たに子ども食堂を開設される方
 イ 内 容:子ども食堂における学習支援の実施に必要となる学習用参考書や児童図書等の購入費を補助します。
 ウ 補助額:1か所当たり2万円以内(年度内1回に限る)

 (3)子ども食堂での感染症対策の支援(子ども食堂感染症対策事業費)
 ア 対 象::新たに子ども食堂を開設される方
 イ 内 容:新型コロナウイルス感染症対策の徹底を図りながら、安心・安全に子ども食堂を開催するために必要となる衛生用品等の購入費用を補助します。

 ウ 補助額:1か所当たり10万円以内(1回に限る)

4.対象団体

  • 新規開設者

  第2回募集対象 

  原則として、2021年7月1日(木曜日)から11月30日(火曜日)までに開設した団体かつ物品を購入済み。

  第3回募集対象 

  原則として、2021年12月1日(水曜日)から2022年3月31日(木曜日)までに開設した、又は開設予定の団体かつ物品を購入済み。

5.問い合わせ先

愛知県福祉局福祉部地域福祉課 子ども未来応援グループ

TEL  052-954-6627 FAX  052-954-6945 

メールアドレス chiikifukushi@pref.aichi.lg.jp

【助成金】
地域活動団体への助成「生活学校助成」  

■主催 公益財団法人あしたの日本を創る協会

1.募集締め切り

   2021年12月31日(金)

​2.趣旨

 生活学校とは、身近な地域や暮らしの様々な課題について、学び、調べ、話し合い、他のグループとも協力し合いながら、実践活動のなかで解決し、生活や地域や社会のあり方を変えていく、そんな活動に取り組むグループです。

近所のお年寄りや子どもたちの見守り、ごみの回収や資源リサイクル活動など、身近な地域や暮らしの問題に取り組むグループの皆さま、生活学校に参加してみませんか?

生活学校の趣旨に賛同し、参加を希望する地域活動団体の募集を行い、当協会から活動経費の助成を行います。

現在は全国運動「食を通じた子どもの居場所づくり」に取り組み、全国の団体が連携した運動の展開を図っています。

3.対象団体(①及び②の両方に該当する団体)

 ①身近な地域や暮らしの課題解決に取り組む地域活動団体

 ②全国の生活学校が連携して行う「全国運動」に参加する意向のある団体

4. 助成金額

 ①生活学校への参加 6万円(初年度3万円、2年目3万円)

 ②全国運動への参加 上限5万円(現在のテーマは「食を通じた子どもの居場所づくり」)

5.助成対象となる活動実施時期

全国運動の活動実施時期については、助成の決定後1年間のうちに都合の良い時に2回以上取り組んでいただければ結構です。

6.問い合わせ先

 公益財団法人あしたの日本を創る協会 生活学校募集係

 TEL03-6240-0778  FAX03-6240-0779  

 E-mail:ashita@ashita.or.jp

【助成金】
大規模災害発生時における防犯活動緊急支援助成

■主催 公益財団法人日工組社会安全研究財団


1.趣旨
 近年、地震、大水害、土砂崩れ等の大規模な自然災害が相次いで発生していますが、危険回避のための住民避難が長期化する

 場合、警察等が実施する避難地域の治安維持活動に加えて、民間の団体による防犯活動の必要性も大いに求められています。 
 そこで大規模災害発生後に防犯活動を行う助成対象団体を募集および登録し、必要の都度、防犯活動に必要な資機材を募集、

 助成する事業を実施します。

2.対象団体
 大規模災害発生時の防犯活動を実施することが可能な団体(町内会やPTAも含みます。)で、 次の要件を満たしている団

 体が対象になります。 法人格の有無は問いません。
  ・当該団体が直接に助成対象事業を行うこと 
  ・同一事業で他の団体から助成(補助)等の資金を受けていないこと 
  ・団体に事業担当者・会計責任者等を置いていること
  ※日頃から活動している団体でも、今回の助成申請にかかる活動のために編成された団体でも構いません。 

3.助成内容
 大規模災害の発生後一定期間、当該発生地域において公共の安全と秩序の維持・回復に寄与すると認められる防犯活動を実施

 事業の対象とします。助成対象事業の実施期間は、最長1年間とします。

4. 応募受付から交付までの流れ
 ① 団体登録申請 : 2019 年 4 月 1 日(月)以降 通年 
  団体登録申請が受理された団体は、大規模災害発生時に迅速な対応ができるよう、防犯活動計画を検討し、必要な資機材

  費用の見積もりを準備しておいてください。
 ② 助成申請 
  当財団が大規模災害であると判断した場合に、ウェブページで助成金申請を募集します。
 ③ 助成受諾
  当財団は助成申請の審査を速やかに行い、採択した場合、採択結果を通知するとともに、助成の内容について対象団体の

  同意を求めます。同意を確認次第、覚書を締結し、助成金を団体の銀行口座に送金します。なお、団体名義の口座がない

  場合は個人名義の口座も認めます。
   ※大規模災害発生後に団体登録と助成を同時に申請することもできます。

 

【助成金】
地域助け合い基金   
■ 実施団体  公益財団法人さわやか福祉財団
■ 助成対象    共生社会を推進するための助成として、地域で暮らす人同士の助け合い活動(つながりづくりを目的とした居
       場所や地域活動を含みます)を対象とし、新たに団体を設立する場合のほか、新たに活動を広げる場合やコロ
       ナ禍に対応して特別な助け合い活動を行う場合も含みます。ただし日本国内の活動に限ります。
        なお、行政が弱者支援のために助成している費用、他から助成を受けた費用および本来自己負担すべき費用
       であって、それが可能なものについては対象となりません。

■ 助成の要件 法人格の有無は問いません。個人による活動も含みます。  
■ 受付期間  常時受付。基金の範囲内で配分は随時。    
■ 助成金額  助け合い活動の開始、維持、発展のため具体的に必要とする額。上限は15万円。
■ 助成回数  原則1回、やむを得ない場合時は2回。
■ 応募方法  応募書類はホームページよりダウンロードできます。メールか郵送で受付しています。

       
【助成金】
一般財団法人ペガサス財団 令和3年度助成金
■ 実施団体 一般財団法人 ペガサス財団 事務局 
■ 対象事業 愛知県内で行われる次に掲げる事業とし、営利を目的としない事業に限るもの
       ①社会福祉の推進に関する事業       ②児童の健全な育成と社会教育の推進に関する事業
       ③地域環境保全の振興と地域緑化の推進に関する事業
■ 受付期間 令和3年3月1日から令和4年2月28日 
       期間中の申請は、随時受け付けます。ただし、当財団の予算がなくなり次第、終了とします。
■ 助成金額 1団体当たり 50万円以内
       次に揚げるものは助成対象金額から除きます。
​       ①助成対象事業が、国、地方公共団体又は他の民間の助成団体からの助成を受けているものであるときは、
        その助成金額
       ②団体自体の運営に充てられる費用​     ③団体役員及び職員に係る費用
【助成金】
大竹財団助成金事業
■ 実施団体 財団法人 大竹財団
■ 対象事業 社会問題解決に取り組む事業
■ 受付期間 随時
助成金額 1団体あたり上限額 50万円
【助成金】
LUSHチャリティバンク
■ 実施団体 (株)ラッシュジャパン
■対象事業 ・動物の権利擁護活動 ・自然環境の保護
■ 受付期間 随時
助成金額 1団体あたり上限額 無し
【助成金】
公益財団法人 信頼資本財団 共感助成
■ 実施団体 公益財団法人信頼資本財団
■対象事業 社会的に貢献していると財団が進呈した団体に対して助成や広報活動支援などを使った事業支援を行うプログラム
■ 受付期間 随時
助成金額 1団体あたり上限額 無し
【助成金】
三澤了 基金
■ 実施団体 NPO法人 DPI日本会議
■対象事業 わけへだてない社会をめざして次世代を担う若手障がい者のためにやりたいこと
■ 受付期間 随時
助成金額 1件あたり上限額 無し
【助成金】
障害者市民防災活動助成
■ 実施団体 NPO法人ゆめ風基金
■対象事業 障害者市民防災、滅災活動
■ 受付期間 通年
助成金額 1件あたり上限額 10万円